2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

PとJK 感想

kage

2017/05/14 (Sun)


完成披露試写会から始まって、
初日のライブビューイングがあって、
11日には、またまたライブビューイング。

完成披露試写会しか行ってないのに、
2回も舞台挨拶に参加できて嬉しかったです。

予想以上に回数は見れなかったけど、
今までの映画の中で、一番色々と考えさせられました・・・
観るたびに、ウルっとする場面が違って、新鮮でした。

私には、21歳の娘と18歳の息子がいて、
主人の職業は刑事です。

最初観た時は、母目線で、
カコとお母さんの場面で涙が止まらなくなって、
娘のことをずっと考えてました・・・

2回目からは、警察官という職業がとても気になって、
主人のことばかり、考えるようになりました。

主人だったら、こう言うだろうな・・・とか、
今まで危険な目に合わなくてよかったな〜とか、

あれ?亀ちゃんは?(笑)

観終わったあと、な〜んか重くて、
ちょっと複雑な気分になりました。

いつもなら、亀ちゃん観てると、家族のことなんて、
全く思い出さないし、私と亀ちゃんの世界なんですけど、
どうもこの映画を観ていると、
その世界を邪魔される気がして、
公私混同?(笑)

もちろん、大好きな映画なんですけど・・・
あ〜やっぱり複雑・・・

主人も昔は、刑事以外の自分はなかったと思う・・・
今は少し違うような・・・
功太くんももう少し大人になれば、もっと変わるだろうな。




娘のPとJKを観た感想・・・
亀梨くんみたいな、イケメンの来る合コンに行きたい。
もうJKじゃないと思ったら、悲しくなった・・・

感じることは人それぞれ(笑)





11日は、亀ちゃんの食事制限の話が気になって・・・
太るのは困るけど、その痩せ方はどうかと・・・
いつも思うことだけど、、、
でも太いのは困る(笑)




神ってる話・・・亀ちゃんのスケジュール・・・
こちらも気になる。。。